Page tree

 コンテンツ

ここでは、Helix Swarmバージョン2020.1を日本語化する手順を説明しています。

この手順を実施することで、以下が可能になります。
・ Helix Swarmを日本語環境で使用できるようになります
・ Helix Swarmオンラインマニュアル日本語版を使用できるようになります

手順

1.日本語化パックのダウンロード

ダウンロードサイトから、日本語化パック(swarm-l10n-ja.tgz)をダウンロードします。

2.日本語化パックの転送

ファイル転送ツールを使用してHelix Swarmがインストールされているサーバマシンへ転送します。
※ この手順では、転送先を"/tmp"として説明します。

3.日本語化パックの解凍

次のコマンドを実行し、日本語化パックを解凍します。

解凍コマンド例

sudo tar xvzf swarm-l10n-ja.tgz

 解凍後のディレクトリ構成は下記の通りです。

language/
public/

4.日本語化パックの配置

① 日本語化パックを配置する前に、配置先に同名のディレクトリが存在しないことを確認します。
  ※ 以前にHelix Swarmを日本語化していない限り、デフォルトでは存在しません。

ディレクトリ確認コマンド例

sudo ls -l /opt/perforce/swarm/language

② 存在しないことを確認後、次のコマンドを実行し、日本語化パックを配置します。

“language”ディレクトリの配置コマンド

sudo cp -r /tmp/language /opt/perforce/swarm

“ja.js, ja.jsgz”ファイルの配置コマンド

cd /tmp/public/build/language
sudo cp ja.* /opt/perforce/swarm/public/build/language

英語オンラインマニュアルの移動コマンド

mv /opt/perforce/swarm/public/docs /opt/perforce/swarm/public/eng

日本語オンラインマニュアルの配置コマンド

mkdir /opt/perforce/swarm/public/docs
cd /tmp/public/docs/ja
sudo cp -r swarm/* /opt/perforce/swarm/public/docs/
sudo cp swarm/.htaccess /opt/perforce/swarm/public/docs/

5.Apache再起動

設定を反映させるため、Apacheを再起動させます。

Apache再起動コマンド

systemctl restart httpd24-httpd