Page tree

You are viewing an old version of this page. View the current version.

Compare with Current View Page History

« Previous Version 7 Next »

 コンテンツ

説明

Perforce Helix Coreのフェイルオーバー機能を使用したDR環境構築の手順を説明しています

注意

マスタサーバとスタンバイサーバのタイムゾーンが一致している必要があります。
p4dのバージョンが一致している必要があります。

PDFファイルダウンロード


本構築作業の条件は以下の通りです


マスター

スタンバイ

Perforce super user

サーバ名

commit

nomandatory

super

ServerID

commit

nomandatory

レプリケーション用ユーザ名

Option

 -

nomandatory

service

server-service

commit-server

standby

    

IP

192.168.56.102

192.168.56.104

Port

1666

1666

P4ROOT

/commit

/p4root_st

構築手順





  • No labels