Page tree

You are viewing an old version of this page. View the current version.

Compare with Current View Page History

« Previous Version 21 Next »

 コンテンツ

説明

Perforce Helix Core2019.1では、ストリームのプライベート編集機能が導入されました。

プライベート編集機能を使用すると、他のユーザとは分離された環境でストリームを編集することができます。通常の編集(パブリック編集)時のように、保存した変更が即時に全体環境へ反映されることはありません。
また、プライベート編集されたストリームは、チェックアウトされてチェンジリストに追加されるため、詳細なテストを行えるとともに、高度なトレーサビリティ(追跡可能性)が確保されます。


参照ページ

・「P4Vユーザーガイド」- ストリームの編集
「P4Vユーザーガイド」- ストリームの衝突解決

注意事項

ver.2019.1より前のHelix Coreで作成されたストリームでは本機能は使用できません。ver.2019.1へアップデート後に作成されたストリームのみ対応しています。
ストリームデポの再作成は不要です。

手順

1.[ ストリームグラフ ]タブから編集したいストリームを選択→コンテキストメニュ-の[ Check Out Streem 'ストリーム名' ]を選択します。
  ※すぐに編集画面を開く場合は[ Check Out and Edit Streem 'ストリーム名' ]を選択します

注意

チェックアウトするワークスペースに紐づいたワークスペースが指定されている必要があります。

 

 チェックアウトされるとワークスペースを示すアイコンが赤色で表示され、編集対象のストリームがデフォルトチェンジリストに追加されます。

  【ストリームグラフタブ】

 

  【チェンジリストタブ】

 

2.ディポ名をダブルクリックした後、[ 編集(E) ]をクリックします。

 

3.[ ストリーム:編集 ]画面が開くので、編集を行います。
  編集後、[ OK ]または[ 適用(A) ]をクリックして保存します。
  [ Diff… ] → [ Base vs Checked Out(Target) ]をクリックすると、編集内容の確認ができます。

 

  【Diff…からの編集内容の確認画面】
 

4.[ チェンジリスト ]タブからチェンジリストを選択→コンテキストメニューの[ サブミット(S) ]を選択します

 


■ 同じストリームを別のユーザが編集していた場合

 同じストリームを編集している別のユーザが存在した場合、ストリームへの変更がサブミットされた時点で、競合が発生している旨を示すアイコンが表示されます

 

 競合を解消する手順

 1.競合が発生しているリストを選択→コンテキストメニューから[ Resolve Stream ’ストリーム名’ ]を選択します

   

 2.[ Resolve Stream ’ストリーム名’ ]画面が表示されるので、対応を”Options:”から選択し、[ Resolve ]をクリックします。

   

Optionsの説明

・Interactive :
・Public(Source) :Helix Coreサーバに登録されている変更を反映する場合に選択する。
・Checked Out(Target) :ローカルにあるものを適用する。
・Combine:比較してResolveする




残りの作業

・受け取った情報はここまで。続き?
・スクショ張り替え(日本語化の確認・ちょっと小さく編集したい・余計なところ削りたい)
・コマンドの説明は?p4 stream edit だと追跡できないという件※別に新機能ではないので、割愛で良い?



  • No labels