Page tree

 コンテンツ

説明

Perforce Helix Core 2019.1では、ストリームのプライベート編集機能が導入されました。

プライベート編集機能を使用すると、他のユーザとは分離された環境でストリームを編集することができます。通常の編集(パブリック編集)時のように、保存した変更が即時に全体環境へ反映されることはありません。
また、プライベート編集されたストリームは、チェックアウトされてチェンジリストに追加されるため、詳細なテストを行えるとともに、高度なトレーサビリティ(追跡可能性)が確保されます。

注意事項

・ver.2019.1より前のHelix Coreで作成されたストリームでは本機能は使用できません。ver.2019.1へアップデート後に作成されたストリームにのみ対応しています。
・ストリームデポの再作成は不要です。

手順

1.[ ストリームグラフ ]タブから編集したいストリームを選択→コンテキストメニュ-の[ ストリーム 「ストリーム名」をチェックアウト ]を選択します。
※すぐに編集画面を開く場合は[ ストリーム 「ストリーム名」をチェックアウトして編集 ]を選択します

注意

チェックアウトするワークスペースに紐づいたワークスペースが指定されている必要があります。

 

チェックアウトされるとワークスペースを示すアイコンが赤色で表示され、編集対象のストリームがデフォルトチェンジリストに追加されます。

  【ストリームグラフタブ】

 

  【チェンジリストタブ】

 

2.ディポ名をダブルクリックした後、[ 編集(E) ]をクリックします。

 

3.[ ストリーム:編集 ]画面が開くので、編集を行います。
編集後、[ OK ]または[ 適用(A) ]をクリックして保存します。
[ Diff… ] → [ Base vs Checked Out(Target) ]をクリックすると、編集内容の確認ができます。

 

  【Diff…からの編集内容の確認画面】
 

4.[ チェンジリスト ]タブからチェンジリストを選択→コンテキストメニューの[ サブミット(S) ]を選択します

 


■ 同じストリームを別のユーザが編集していた場合

同じストリームを編集している別のユーザが存在した場合、ストリームへの変更がサブミットされた時点で、競合が発生している旨を示すアイコンが表示されます

 

競合を解消する手順

1.競合が発生しているリストを選択→コンテキストメニューから[ ストリーム 「ストリーム名」を衝突解決… ]を選択します

   

2.[ ストリーム 「ストリーム名」を衝突解決… ]画面が表示されるので、対応方法を選択し、[ 衝突解決(R) ]をクリックします。

   

オプションの説明

・インタラクティブ :チェックアウトされたストリームの編集ウィンドウが表示され、必要に応じて編集します
・パブリック(反映元):パブリックで編集された変更が反映されます(=プライベートで編集した変更は無視される)
・チェックアウト済み(反映先) :プライベートで編集した変更が反映されます(=パブリックで編集した変更は無視される)
・結合:パブリックとプライベートのパスフィールドが結合されます