Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

説明

Perforce Helix Coreのフェイルオーバー機能を使用したDR環境構築、構築後のテスト運用手順を説明しています

...


マスター

スタンバイ

Perforce super user

サーバ名

commit

nomandatory

super

ServerID

commit

nomandatory

レプリケーション用ユーザ名

Option

 -

nomandatory

service

server-service

commit-server

standby

    

IP

192.168.56.102

192.168.56.104

Port

1666

1666

P4ROOT

/commit

/p4root_st

構築手順

1.スタンバイサーバのサーバ仕様作成【マスタサーバで作業します】

① p4コマンドで“nomandatory”というスタンバイサーバのサーバ仕様を作成します。

...

Info
title解説

startup.1=journalcopy -i 1 …… 起動時にjournalcopy(マスタサーバのjournalをスタンバイに移送)を実行
startup.2=pull -L -i 1  ………… 移送したローカルのjournalから情報を読み取る
startup.3=pull -u -i 1  ………… アーカイブファイルを取得する
rpl.journalcopy.location=1…… journalcopyスレッドの書き込みを設定する構成可能変数
※より詳細な情報はコマンドリファレンスマニュアルをご参照ください


2.サービスユーザの作成と設定【マスタサーバで作業します】

① p4コマンドで“service”というレプリケーション用サービスユーザを作成します

...

Panel
borderColorgray
borderWidth1
borderStylesolid
title表示例:赤文字部分を追記

write user * * //...
list user * * -//spec/...
super user super * //...
super user service * //...  ●一行追加

3.チェックポイントの作成と移動【マスタサーバで作業します】

① スタンバイサーバ用のチェックポイントファイルを作成します
   作成したチェックポイントファイル名は“checkpoint”としています
   チェックポイントファイル(ファイル名:checkpoint.ckp.1)が作成されます

...

② チェックポイントファイルを転送します
   FTPツール(任意)を使用して、スタンバイサーバへチェックポイントファイル(checkpoint.ckp.1)を転送します。
   ※このマニュアルではスタンバイサーバの /tmp に格納しています

4.スタンバイサーバの設定【スタンバイサーバでの作業です】

Info

~④の作業については、サーバ構築方法によって対応が異なります。実環境をご確認の上、必要に応じて作業してください。

...

Panel
borderColorgray
borderWidth1
borderStylesolid
title実行コマンド

  p4dctl start server-name
例:p4dctl start nomandatory

5.レプリケーションの設定と確認【スタンバイサーバでの作業です】

① ユーザ“service”が使用するレプリケーション用チケットを作成します
  ※"p4root_st/.p4tickets"はサーバ仕様作成時(手順1-②)に指定した場所を入力します。

...

Info
title解説

pull -ljコマンド:レプリカとマスターにおけるカレントジャーナルの状態を表示するコマンドです
以下の内容が含まれます
・カレントジャーナルの状態 ・ステートファイルの最終更新時刻
・サーバのローカル時刻 ・タイムゾーン


6.フェイルオーバー:テスト運用【スタンバイサーバで作業します】

Note
iconfalse

マスターサーバが起動できない・完全にダウンしていると判断できる状況を想定した運用のご案内です。
マスタサーバが起動している・ネットワーク接続が可能な状況は別の手順となりますのでご注意ください。

...