Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

説明

Perforce Helix Core 2019.1より、"p4 user -D"コマンドを使用して、以下の情報がまとめて削除できるようになりました

・ユーザ情報
・チェックアウトしているファイルの情報(編集情報は元に戻される)
・プロテクションテーブル " -F " ※1
・ワークスペース※2

Note
title注意

・エッジサーバでは"-D"オプションは使用できません。
・Helix Swarmクライアントワークスペースは削除されません。

※1 " -F "を使用することでプロテクションテーブルとグループから対象ユーザが削除されます。ユーザが削除されることによってグループメンバがいなくなる(=所属0になる)場合、失敗します。事前に該当グループを削除してください。
※2 削除対象以外のユーザによって作業状態にされたファイルが存在するワークスペースは削除されません。強制的に削除する場合は" -f "を合わせて使用します。

Info
title参照ページ

「Helix Core P4コマンドリファレンス (2019.1)」- p4 user

手順

1.削除内容の確認
  必要に応じていずれかのコマンドを実行します。
  ※-Dオプションのみの場合はプレビューとなるため、実際の削除は行われません

Panel
borderColorgray
borderWidth1
borderStylesolid
title実行コマンド例

p4 user -D username
p4 user -D -F username :プロテクションテーブルとグループからも削除
p4 user -D -f username :作業状態のファイルを含むワークスペースも削除

削除対象、処理確認メッセージが表示されますので、内容を確認します。

2.削除実行
  手順1のコマンドに" -y "オプションを追加して削除を実行します。

Warning

" -y "オプションを追加してコマンドを実行した結果は元に戻せません。

Panel
borderColorgray
borderWidth1
borderStylesolid
title実行コマンド例

p4 user -D -y username
p4 user -D -F -y username
p4 user -D -f  -y username

Panel
borderColorgray
borderWidth1
borderStylesolid
title削除完了メッセージ

Deletion of user username and all the user's clients initiated.
User username deleted.

Panel
borderColorgray
borderWidth1
borderStylesolid
title失敗したメッセージ:グループの削除が必要な場合

User username is the last ember of group groupname and cannot be deleted.
Delete the group via 'p4 gropu -d -F groupname, then try again.