Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

説明

Perforce Helix Coreのフェイルオーバー機能を使用したDR環境構築の手順を説明しています

...


マスター

スタンバイ

Perforce super user

サーバ名

commit

nomandatory

super

ServerID

commit

nomandatory

レプリケーション用ユーザ名

Option

 -

nomandatory

service

server-service

commit-server

standby

    

IP

192.168.56.102

192.168.56.104

Port

1666

1666

P4ROOT

/commit

/p4root_st

構築手順

1.スタンバイサーバのサーバ仕様作成

【マスタサーバで作業します】
1.p4コマンドで“nomandatory”というサーバ仕様を作成します
   
   実行コマンド
   p4 1.p4コマンドで“nomandatory”というサーバ仕様を作成します。

Panel
borderColorgray
borderWidth1
borderStylesolid
title実行コマンド

p4 -u super -p master-server:port server nomandatory

...

2.設定を修正・追加します
   赤文字部分を修正・追記箇所し、保存します。

Panel
borderColorgray
borderWidth1
borderStylesolid
title赤文字部分を修正・追記

ServerID:   nomandatory
Type:   server
Services:

...

  standby ●standard(default)を上書き
Options:   nomandatory
ReplicatingFrom:

...

commit ●一行追記する(マスタサーバのserver ID)
Description:
Created by super.
DistributedConfig:
any#P4JOURNAL=../journals/journal
any#P4LOG=../logs/log
⋮ 
any#unicode=1
P4LOG=log
P4TARGET=192.168.56.102:1666
P4TICKETS=/p4root_st/.p4tickets
db.replication=readonly
lbr.replication=readonly
monitor=2
rpl.journalcopy.location=1
serviceUser=service
startup.1=journalcopy -i 1
startup.2=pull -L -i 1
startup.3=pull -u -i 1

...

Info
title解説

startup.1=journalcopy -i 1 …… 起動時にjournalcopy(マスタサーバのjournalをスタンバイに移送)を実行
startup.2=pull -L -i 1  ………… 移送したローカルのjournalから情報を読み取る
startup.3=pull -u -i 1  ………… アーカイブファイルを取得する

...

rpl.journalcopy.location=1…… journalcopyスレッドの書き込みを設定する構成可能変数
※より詳細な情報はコマンドリファレンスマニュアルをご参照ください


2.サービスユーザの作成と設定

【マスタサーバで作業します】
1.p4コマンドで“service”というレプリケーション用サービスユーザを作成します
   
   実行コマンド
   p4 -u super -p master-server:port user -f service
コマンド例)
   p4 -u super -p 192.168.56.102:1666 user -f service

...